不幸になる権利

「つまりきみは」とムスタファ・モンドが言う。「不幸になる権利を要求しているんだね」

「ええ、それでいいですよ」と野人が喧嘩腰で言った。「僕は不幸になる権利を要求する」

(すばらしい新世界〔新訳版〕より)